Column コラム

2月の誕生石”アメシスト-amethyst-“のお話を・・・

by 小畑詩音


2月の誕生石”アメシスト-amethyst-“のお話を・・・


和名は”紫水晶”といい、その名の通り濃淡の紫色をした水晶であり、
数ある水晶の色変種の中でも、このアメシストが最高位とされています。
この石は紫外線に弱く、日光によって退色する性質があるため、保存方法には注意が必要です。
石言葉は「真実の愛」「誠実」等。
別名「愛の守護石」と呼ばれ、真実の愛を守るパワーを与えてくれるといわれています。

語源はギリシャ語の”amethystos”(酒に酔わない)に由来します。
ギリシャ神話に登場する月の神”ダイアナ”に仕える女官”アメシスト”の悲劇からこの名がつけられました。


ある日、酒の神”バッカス”は女神”ダイアナ”に戒められ、その腹いせに「これから最初に会った人間を猛獣に襲わせてやる」と決めました。
そこに現れたのが美しく信仰深い女官”アメシスト”。


”バッカス”が放った猛獣が彼女に襲いかかろうとするその瞬間、女神”ダイアナ”が”アメシスト”を守るため、彼女を透き通った水晶に変身させました。
”バッカス”は水晶になった”アメシスト”のあまりの美しさに呆然とし、自分のしたことを悔やみ、罪の償いから、その美しい水晶にぶどう酒を注ぎました。
すると水晶はたちまち透き通った紫色に変わり、美しい宝石”アメシスト”が誕生したといわれています。
酒の神”バッカス”が生み出したワイン色の宝石アメシスト。


今でもヨーロッパではアメシストの杯でお酒を飲むと二日酔いにならないと考えられています。

 

お酒を飲みに行くときは、このアメシストを身に着けてみてはいかがでしょうか?